最果ての夢境

主成分…日記、ゲーム、ニンドリ、音楽(一部に独り言を含む) 製造日…ページ右上部に記載 ※まれに「w」や「orz」が入っている場合がございますが、感情表現ですので安心してお読み下さい。

Profile

KAZ

Author:KAZ
性別…男  年齢…19歳
住所…大阪府

<好きなもの>
アーティスト…スキマスイッチ,秦基博
本…キノの旅,獣の奏者
ゲーム…FF,ZELDA,Pokemon

<独り言みたいなもの>
今まで特に何かを集めたことがない
と思っていたけど、
小さいころは切手を集めたり
中学時代はゲームグッズとか
集めてたなーって最近思い出した。
今はストラップを集めてるっぽい。
ストラップいいよストラップ。

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Track Backs

Monthly Archives

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DSについての速報

カテゴリー : 時期ネタ
3Dの映像を見られると話題の「ニンテンドー3DS」。
その最新の開発状況の画像らしきものが非公式に発表されたので、紹介します。
開発途中…というか、おそらくプロトタイプ的な物だと予想されます。

ちなみに、以下の画像は全て秘密裏に手に入れた物ですので、画像の無断転載は禁止します。
また、引用の範囲を超える文章の転載も極力お止めください。
この画像はDSLiteではありません、あしからず。
(※画面はハメコミ合成です)

上の写真にあるのが、今回発表された画像のうちの1枚です。
一見するとただのDSLiteのようにも見えますが…。

どうみてもDSLiteですけど違います、あしからず。
(※画面はハメコミ合成です)

こちらの写真を見れば分かるように、よく見ると配色が普通でないことが分かると思います。
これで思い出した方もいるでしょうか?
分からない方はさらに、以下の写真も見てもらえれば察しがつくはずです。

どうみても眼鏡ですね、これは眼鏡です。
(※眼鏡のフィルムは入れ込み合成です)

つまり、最近の開発段階において言うと、3DSはこの“眼鏡”で3D映像を見る計画になっていると。
…しかし、“裸眼”で3D映像を見ると発表されていた仕様が、どうして変更になったのでしょうか?

おそらく、最大の原因は「費用のかかり過ぎ」であると思われます。
3DSで使われると予想されていた「視差バリア方式」は非常に新しい技術ですから、それを使った3DSの価格は非常に高くせざるを得なくなるはずです。
でも、そうすると誰にも買ってもらえない。だから仕方なくこのような手を打ったと。

公式発表が無いため、上の予想がどこまで正しいのかは分かりません。
それに、技術の進歩によって「視差バリア方式」等を取り入れるのに必要な費用が安くなることもあるため、次の公式発表ではまた“裸眼”による3Dが発表されることも考えられます。
いずれにしても、次のアナウンスを楽しみに待ちたいですね。



…あー書くの疲れた。
まあ、これだけネタっぽかったら、流石に信じる人はいませんよねw
やっつけなのは今年も同じだけど、まあ前回に比べれば…大丈夫だろう(ぁ
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。